平成27年4月1日からの宅地建物取引業法一部改正により「宅地建物取引主任者」は、「宅地建物取引士」となり、「取引主任者証」も「取引士証」に名称が替わります。これに伴う「取引士証」への切り替えについてご案内します。

≫ 詳細はこちら

宅地建物取引士とは、試験に合格し、試験を実施した都道府県知事の資格登録を受け、かつ、当該知事の発行する宅地建物取引士証の交付を受けた者をいいます。
宅地建物取引士は、宅地建物取引に関する知識および経験を豊富に有する取引の専門家としての役割を果たすことが求められています。このため宅地建物取引業法では、宅地建物取引業を行う際には、事務所や従業員の数に応じて、一定人数の取引士を置かなければならないとされています。
宅地建物取引士資格試験の実施概要についてご案内します。≫ 詳細はこちら
平成28年度宅地建物取引士資格試験の合格者発表は、こちら。(一般財団法人不動産適正取引推進機構のホームページへ)

宅地建物取引士資格試験に合格してから宅地建物取引士証の交付を受けるまでの流れをご案内します。

≫ 詳細はこちら

宅地建物取引士証の更新又は試験合格から1年を超えて取引士証の交付を希望される方は、兵庫県知事が指定する法定講習会の受講が必要です。法定講習会の申込み方法等についてご案内します。

≫ 詳細はこちら

宅地建物取引士証の登録内容に変更等がある場合は、届け出の必要があります。詳しい手続き方法等についてご案内します。

≫ 詳細はこちら